食材宅配

【2019年】離乳食にも利用できる食材宅配の人気おすすめランキング!

宮城編集長
宮城編集長

こんにちは!「なるほど食材宅配」編集長の宮城(ミヤギ)です!

今回は、待望の第一子が生まれて8ヶ月ほど経った時に感じた「食材宅配の離乳食を利用して便利だった」ことをご紹介していこうと思います。

まず、離乳食は初期から中期への移行がありますよね。離乳食の初期では、おかゆやパンがゆをメインに、ミルクと併用していました。

しかし、子供が大きくなればなるほど、買い出しに問題が出てきて食材を揃えるのが大変になります…。旦那さんに「スーパーへ息子を抱っこして買い物に行くのが大変…」だと愚痴をこぼすこともありました。

そこで「食材宅配を利用してみないか?」と旦那さんから提案してもらったのが始まりです!そして、いざ「離乳食がある食材宅配」で検索すると、食材宅配業者の多さに驚きました。昔は生協が覇権を握っていたイメージでした。

インターネットの普及により、多くの食材宅配業者が乱立する状況になっているのです。色々と比較をして、息子にピッタリの食材宅配業者を見つけました。

ということで、今回は子供が離乳食期に使用していた食材宅配業者の選び方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

\離乳食も揃う食材宅配なら!/離乳食があるおすすめの食材宅配を見る!

離乳食も用意されている食材宅配を選ぶ3つのポイント!

ここでは、離乳食を取り扱っている食材宅配業者を選ぶ上で、私が重視したのは3つのポイントです。

  • コスパ
  • 安全性
  • 利便性

他にも味やメニューバラエティといったポイントもあります。しかし、離乳食は基本的に薄味です。また、メニューバラエティといっても離乳食に移行する時期に、色々なものを食べさせてアレルギーショックを起こす可能性も考えました。

コスパと安全性、利便性の3つのポイントが、どうして食材宅配業者選びに重要なのかを解説します。

1、食材宅配で選べる離乳食のコスパをチェックすること!

離乳食の完成品はドラッグストアなどで販売されています。メニューによっても異なりますが、ほとんどの既製品は120円前後です。

初期から中期にかけては、1食あたり120円の離乳食でも充分ですが、中期以降は確実に足りなくなります。

ハイハイが始まるとカロリー消費も多くなるため、瓶詰めの離乳食1個ではお腹が空いてしまいます。1食あたりのコスパがどんどん高くなっていくのです。

離乳食の食材宅配を選ぶ上で重要なコスパは【1食】あたりの値段です。

ミルクと併用できれば良いですが、離乳食中期にもなればミルクはあくまでも補助的な役割しかありません。離乳食にはバランスの良い食材を使わなくてはならないのです。自宅で作るにしても限度があります。

大量に作って冷凍庫で保管する方法もありますが、かなりの手間です。コスパは【お金】を指しますが、離乳食に限っては【手間】もコスパです。価格がお得、そして調理の手間がかからない離乳食を扱ってい事は、重要な基準でした。

2、食材宅配業者が扱っている離乳食の安全性をチェックすること!

乳幼児の離乳食の安全性とは【添加物】と【残留農薬】の問題です。添加物や残留農薬は、成長障害など重篤な病気を引き起こす可能性があります。

日本の農業では農薬や肥料の使用基準が設けられています。しかし、海外の食材は日本とルールが異なるため、どれぐらいの量の添加物や農薬が使われているか分かりません。国産かつ減農薬、添加物が少ない食材を選ぶべきと感じていました。

3、離乳食を扱っている食材宅配の利便性を確認しておくこと!

食材宅配に求めるのは【利便性】です。配送時間や配送日を指定できるのは最低条件でした。食材宅配と聞くと、生協のイメージがありました。

トラックがお届けをお知らせして、近所の人達が受け取りにいくシステムです。妻は元々人見知りもあって、ご近所づきあいが必要な食材宅配業者は嫌だといっていました。

嫌だというのをムリやり納得させるのはどうかと感じたので、自宅まで配送してくれる業者を探しました。後から気付きましたが、生協もお金はかかりますが自宅へ個人配送してくれる事を知ったのです。

配送時間や配送日を指定できる食材宅配業者はかなり少ないです。特に自社配送システムがある業者は、あまり融通が効きませんでした。

そうなるとかなり限られてきますが、留守がちな我が家にとってはマストなポイントです。

離乳食あり食材宅配サービスを3つのポイントで比較

先ほどの3つのポイントを踏まえて、離乳食がある食材宅配業者を3社比較していきます。

ポイント/業者名 コスパ 安全性 利便性
オイシックス やや高い 減農薬・無農薬トレーサビリティ第三者機関によるチェック 自宅まで配達
定期配送時間の変更やその日限りの変更も可能不在時は持ち帰り保管(宅配業者利用)
ヨシケイ やや高い 有機野菜有りトレーサビリティHACCP 自宅まで配達
配送ルートが決まっているため同じ時間に届く鍵+保冷剤付きの安心BOX貸出
コープ生協 同等 アレルゲン表示変更可能減農・無農・有機をアイコンで表示 自宅まで配達
時間帯は午前・夕方で選べる不在時は保冷剤で玄関の外へ配達

コスパが最も良いのはやはりコープ生協です。スーパー価格とほぼ同等ですし、店頭価格そのままの値段で購入できます。

オイシックスとヨシケイでは、ヨシケイの方がやや高めです。有機野菜が基本なため、仕方ない部分なのかなと思います。安全性はどこの業者もかなり気を使っています。

HACCPに基づいた自社基準がもとより、契約農家の厳しい基準など細部まで管理されている印象を持ちました。

利便性では、オイシックスがヤマト宅配便と佐川急便を利用しているため、万が一の不在時でも安心です。ヨシケイとコープ生協は、時間帯の変更はできますが、不在時はBOXに保冷剤を入れて保管してくれます。夏場はちょっと心配になるため、もし契約するなら注文内容に気を付けるべきだと感じました。

離乳食でおすすめする食材宅配をランキング形式で解説!

先ほどの比較表に基づいて、ランキング形式で各社の特徴を解説します。1位のオイシックスは、私が現在契約している食材宅配業者です。なぜその順位なのかも記載したので、参考にしてみてください。

1位 オイシックス

離乳食のミールキットや、調理済みの離乳食食材が豊富なのがオイシックスです。私はオイシックスと契約しました。

離乳食の食材は全て管理栄養士が監修しており、栄養のバランスが気になる方にもおすすめです。野菜は全て減農・無農薬・有機栽培です。また放射能検査を行なってから出荷されるので、万が一の場合も安全だと思いました。

また、ママ向け簡単ランチの作り方なども動画で紹介されており、妻はこの仕組みがお気に入りのようです。

お試しセット内容も充実しています。1,980円で10品目以上の食材が購入できます。1回きりですが、かなり太っ腹な食材宅配業者だと思いました。

2位 コープ生協

食材以外にも赤ちゃん用品を購入できるのが魅力でした。

1つ嬉しいのは、息子が小学校1年生になるまでは、配送費用が割引される点です。商品価格も安いため、重宝するかなと思いましたが、離乳食のミールキットの扱いはほとんどありません。

自分で食材を選んで購入し、自分で調理をしなくてはいけないのです。妻の料理の手間を考えたら、価格は安いものの負担を増やしてしまう可能性があると思って、契約には至りませんでした。

3位 ヨシケイ

人気食材宅配業者のヨシケイは、離乳食コーナーの扱いもありますが、コスパ面で断念しました。もう少し安ければヨシケイでも良かったです。

ヨシケイの離乳食の強みは、離乳食用の特設ページがある所です。食材の作り方や状態を、分かりやすく【動画】で紹介してくれています。

行政の保健指導から配布される離乳食ガイドは写真しか無いため、どれぐらいの堅さなのかというイメージが湧きません。動画であれば、ゆでた後の状態なども確認できるので便利です。もう少し安ければ、利用していたかも知れません。

1位のオイシックスを選んだ理由

コスパと安全性は3社とも同じレベルでしたが、違いはやはり利便性です。

民間の宅配業者が配達してくれるため、万が一不在の場合は配送業者の冷凍車や冷蔵車で保管してくれます。

不在票で管理されるため、在宅時に受け取れるようにすれば、全く問題ありません。3つのポイント以外では、味と見た目が優れている点も契約して良かったなと感じるポイントです。

SNSでもオイシックスの料理はかなり投稿されており、見た目にも美しい食事をオーダーできます。

オイシックスは離乳食以外にも、カットミールや有名レストランのメニューが簡単につくれるミールキットを扱っています。記念日などにも利用できるのは嬉しいポイントです。

冷凍離乳食の食材宅配ってどうなの?

最近話題になっているのが、冷凍離乳食専門の【Mi+】です。100%有機野菜のペーストを冷凍状態で届けてくれるサービスとして人気を集めています。

私もお試しは購入してみました。レシピも同封されていて、オシャレな離乳食を簡単に作れます。ただし、難点なのがコスパです。1ヶ月の定期配送で20食入り11,980円は少し高いです。

20食といっても、配送されるのはペーストのみのため、おかゆなどの主食に関しては家庭で用意しなくてはなりません。ペーストのみを食べさせてもOKですが、量が少ないため結局コスパが悪くなります。

冷凍状態のパックを小分けにして冷凍庫で保管できますが、結構大変な作業です。健康面を考えると、かなり上位にくるスペックではありますが、コスパ的に私には合いませんでした。

ペーストは、大人でも食べられるほど、おいしいです。さわやかな野菜の旨味が凝縮されているペーストです。気になる方はお試しセットを申込んでみてください。お試しからキャンセルの連絡をしなければ、自動的に継続されます。

そのため、もし契約しないのであれば、到着後1週間以内にはキャンセルの連絡をしてください。連絡はLINEでもできます。

まとめ

離乳食の食材宅配は、ママだけではなく家族全員の負担を軽減してくれるサービスです。私の帰りが遅くなっても、食材を調達できますし、妻にとっても調理の手間や献立を考える手間を軽減できます。

息子には安心・安全な食材で離乳食を作れますし、健康的な食事をさせてあげられます。食材宅配が無ければ、妻の負担はかなり大きくなっていたでしょう。私自身も時間がある時には必ずスーパーにいかなければならず、負担は倍増していたはずです。

息子も毎日同じメニューを食べる羽目になり、好き嫌いも出ていたかも知れません。離乳食の食材宅配を上手に活用すれば、生活に余裕と健康をもたらしてくれるのです。比較ポイントを参考にして、家族にピッタリの食材宅配業者を選んでくださいね。